ニキビができる原因はストレスにもあり!

ニキビができる原因というのは様々ありますが、皆さん「ストレス」には気を使っていますか?

どうしてもニキビを予防する為に洗顔や化粧水など、肌の外側からケアすることには注意を払っている人は多いですが、内側からのケアも非常に大切です。

ストレスが溜まってニキビができる。ということに思い当たる節がない人もいるかもしれませんが、特に女性の場合は生理前になるとにきびが出来てしまう人は多いのではないでしょうか?

実はそのストレスと生理前の2つの状況は似ているんです。
どちらも女性ホルモンが減ってしまい、男性ホルモンがいつもより増えてしまう状況なんです。
ホルモンバランスが乱れてしまっているということ。

そうするとぽつぽつニキビの原因になってしまうんです。(参考:ストレスとニキビの関係

ストレスはお肌にも様々な悪影響を及ぼすので、溜め込まないようにする努力が必要です。
そうは言っても仕事をしていればストレスは付き物ですので、特に女性の方はホルモンバランスに気を配ることがお肌には大切です。

また、摂取する栄養も肌の為には重要です。
ビタミンCやコラーゲン、ヒアルロン酸は美肌づくりには欠かせない栄養素です。
普段の食事から摂取するのが望ましいですが、難しい場合はサプリメントで代用しても問題ありません。

外側からのケア以上に、内側からのケアに気を配ってみてください。

保湿を気にするようになってニキビが減りました

化粧水私のニキビケア方法はズバリ「保湿に気を使う事」です。
今まではダメだと思いつつ面倒であまり気にしていなかった、風呂あがりの保湿をするようになってから、ひどいニキビに悩まされることはなくなりました。
保湿の方法は具体的には、化粧水と乳液を使用することです。
誰にでもできる簡単なことですよね。
それをサボってた私は一体・・・って感じもしますが(笑)

その二つをお風呂あがりに、それぞれ使用します。
まずは、ピーリングジェルや洗顔料などで古くなった肌の角質を落とします。
その上で保湿することで、ひどいニキビの原因になるアクネ菌や古い角質を除去し、清潔な肌にするんです。
清潔な肌ならニキビは出来ません!という私の持論ですが。
でもやっぱり肌が不潔だと毛穴も詰まるので、それがニキビの原因にもなると思うんです。
洗顔のし過ぎはよくありませんけど、保湿の効果を高める為にも洗顔の質を考えることも大事かなって思います。

ニキビに関するお勧め情報

 ニキビの段階ニキビには症状の段階によって呼び方がいくつもあるってご存知でしたか?
白ニキビや赤ニキビ、黒ニキビなどの名称があるんです。
様々な色が名前についているのが面白いところです。

その中でも注目すべきは「白ニキビ」です。
これはにきびが出来始めの段階の総称ですが、この初期段階で適切なケアをすれば赤く腫れたり痛んだりすることなく、早くニキビを治すことが出来るんです。

日ごろの予防も大切なのは言うまでもありませんが、できてからの正しい処置によって治りは全然変わってくるんですね。
特にうっとおしいからといってニキビを何でもかんでも潰してしまう人もいますが、絶対に止めてください。
凸凹のクレーター状の跡が残ってしまいます。そうなってしまうと跡を消すのは大変ですから。
安易な自己流のケアはニキビを悪化させるだけでは済まないこともあるので、正しいケア方法を知ることが美肌への近道です。

 
ニキビに関する情報
白ニキビ
出来始めの白ニキビのケア方法に関する情報が掲載されています。
また、年代別にお勧めのニキビグッズや正しい洗顔方法は見ておきましょう。
このブログでもお伝えしましたが、正しい洗顔ができている人は少ないですからね。

洗顔は毛穴を開かせてから!

 洗顔ニキビケアだけではなく、すべての肌ケアの基本である洗顔ですが、きちんと汚れを落とせている人は意外と少ないものです。

基本は「しっかり泡立てて」から「毛穴の奥の汚れを掻き出す」ことです。
それに必要なのは洗顔料選びと洗顔の効率を上げる一手間です。

まず洗顔料選びについてですが、特にニキビケアや予防をしたい人は、必ず自分の年齢にあったニキビ用のものを選ぶことが必須です。
肌は年齢によって肌質というものが刻々と変化していきます。
自分の肌質に合ったものを選ばないと、肌トラブルを引き起こす危険性もあるので要注意です。
大人ニキビを改善したいのに、皮脂が多い思春期ニキビ向けのものを選んではいけないということです。

また洗顔料によっては「界面活性剤」が含まれているものも珍しくありません。
実はニキビの原因は、その界面活性剤だったという人も意外と多いので、こうした洗顔料の成分にも気を付けたい所です。

そして洗顔効率を上げる一手間については、毛穴を開かせるということです。
お風呂でしっかりと暖まって顔の毛穴を十分に開かせてから洗顔をすることで、毛穴の汚れも綺麗に落とすことができます。
化粧品の汚れだけではなく、空気中の埃やチリなども毛穴に詰まるので、しっかりと毛穴を綺麗に洗うことは大切です。
それによって女子の悩みでもある毛穴汚れや黒ずみを防ぐこともできますしね。

ただし毛穴を開かせた後は、しっかりと毛穴を閉じないといけません。
開きっぱなしのたるみ毛穴になってしまいますからね。
しっかりと化粧水をパッティングして染み込ませてください。

まとめると、ニキビケアの基本の洗顔は・・・
洗顔料を正しく選んで、毛穴の奥から汚れを洗い出す。
これに尽きます。今一度、正しい洗顔に目を向けて美肌作りの参考にして下さいね。

泡洗顔の大切さ

洗顔ニキビが酷い時や痛みがある場合には、洗顔に気をつけましょう。
特に刺激に敏感になってしまっている状態のときは、たっぷりの泡で顔を包むように洗わないと、洗顔時の摩擦刺激を与えてニキビを悪化させてしまいます。
洗顔法を徹底するだけで肌質は驚くほど変わります。
手で泡を立てるのが苦手な方は、泡立てネットを使うとよいです。ドラッグストアや100均で手に入ります。
どんなタイプの洗顔料でもネットを使えば手早くもこもこの泡が作れます。
しっかりした泡を立てると、手で顔を触ることがありません。
泡がクッションになり、綺麗さっぱり洗い上がります。
また、泡はとっても細かい粒子になっているので、毛穴の奥まで入り込んで汚れを落としてくれる効果もあるので、きちんと泡立てた洗顔をするのは意味があるんです。
しかし洗顔料自体の成分によって、泡の粒子の細かさは決まってしまいます。
例:1ミリの泡しかできない洗顔料で0.5ミリの泡を作るのは不可能です。
毛穴の奥からしっかりと汚れを落とすことで、ニキビケアだけではなく毛穴の黒ずみ予防にもなるので、洗顔料選びはとっても大切なんですね。

外食を控えて自炊をする

食事ニキビも若い人ならば、一時のことですが、20歳以上の大人ニキビは若い頃とは少々違います。
私は1か月以上治らない吹き出物(ニキビと言えない年になったのが辛い…)があったので、皮膚科で診て頂いたのですが、先生から「大人ニキビですね」と言われました。

長引く大人ニキビはストレスや栄養の偏りなどが原因となることがあるそうです。
つまり若い頃(中学生や高校生のニキビ)とは原因が違うケースがあるという事です。
ストレスに付いては、現代では誰もが感じていることかもしれません。
なるべくストレスを感じないような精神状態に、自分で持っていくしかありません。
正直、口で言うほど簡単なことではないと思いますが…。

そして、栄養については、出来るだけ外食を避け、手作りの食事にしました。
自分で作れば栄養バランスも考えながらメニューを決められるので、手間は掛かりますが肌には最高です。
これで、1か月続いた大人ニキビは治りました。
仕事が忙しい時は難しいのですが、食生活はやはり、大事だと思いました。
大人になると自分で好きなものを食べられるのはいいことですが、それがお肌に対しては悪い方向に働くこともあるので気をつけないといけませんね。

ニキビケア用品の選び方

ニキビケア用品の選び方

一度ニキビができてしまうと痛く赤く腫れあがり、化粧のりも悪くなり見た目も良くありません。また、ニキビを悪化させてしまうと、シミやシワの原因となる上、ニキビ跡を残してしまうという危険性があります。

ニキビを防ぐケアももちろん大切ですが、できてしまったニキビに対してのケア方法も同じぐらいに大切です。ニキビトラブルに合わない為にも、日頃からのニキビ予防を心掛ける事は面倒ですが重要なんです。

予防として、顔をいつも清潔に保つ事はもちろんですが、スキンケア用品(ニキビケア用品)を使用したケアがやはり効果的です。

一般的な洗顔や化粧水よりもニキビに対してのアプローチを徹底的に考えられた商品を選ぶことで、ニキビケアが楽になります。

ただし「ニキビ」という文字が入っている商品なら何でもOKというわけではありません。

残念ながらニキビに効果的な商品というのは、あまり安い値段で作ることは難しいのが現実です。
つまり、乱暴な言い方をすればドラッグストアなどに置いてある安い商品でニキビケアをするのは難しいということです。(※勿論、すべてのケースに当てはまるわけではありませんが、そうした目安があるのも事実です)

安い洗顔料や化粧水で効果が出る人もいますが、遠回りをしないでニキビを何とかしたい!と思っているのであれば、ある程度のお金を出して、良いケアグッズを使用してみて下さい。

栄養面を考え直してニキビを防ぐ

ニキビ防止の為の栄養ニキビは洗顔や化粧水を塗るなどの外側からの予防だけではなく、毎日の食事という内側からのの予防方法も大切です。
ファーストフードやお菓子などは体にもお肌にもよくありません。好んで食べている人は注意してくださいね。
お肌の為には野菜を食べることが最も大切です。野菜には、肌を再生するために必要な物が沢山入っています。
ビタミン類は肌の粘膜質を保護して潤いを保ってくれます。
また、食物繊維によって体内の老廃物を除去することで、ニキビになった老廃物が肌に出てくることを防ぐ事も可能です。
なにより、胃腸のダメージがなくなって、ストレスも低減するので、ストレスニキビができにくくなるのもポイントです。
ただ、毎日栄養素を気にしながら食事をするのも大変なのは事実です。そうした場合に有効なのが「サプリメント」を摂る事です。ただしあくまでサプリは栄養補助食品なので、本来はきちんとバランスの良い食生活を送ることが望ましいです。
しかしそこは忙しい現代人。こうしたサプリの助けを借りることは、何もしないよりかずっとお肌には良いことですので、毎日のニキビ予防として効果的に活用するのもありです。
ただし基本は健康な食生活こそニキビケアの第一歩です。ぜひ食生活を見なおして下さい。

ニキビケアの基本を押さえる

にきびケア

ニキビには思春期ニキビと大人ニキビがあります。
どちらのニキビタイプなのか?によって、効果的な対処法が異なるので、まずは自分のニキビを分類しましょう。

一般的にニキビに悩まされる年代は中学生ぐらいから始まります。そうした10代のニキビは思春期ニキビにあたります。
では、思春期ニキビ用の対策というのはどういうものでしょうか?

思春期の頃は皮脂の分泌が活発なので、その皮脂が毛穴に詰まることでニキビの原因になります。
従って、洗顔で顔を丁寧に洗うことが大切です。
ただし洗顔はやりすぎると逆効果になるので、一日に二回までがよいとされています。

また、その際にニキビ用の洗顔料を使うのが最も効果的です。そうした洗顔料には皮脂を洗い流すだけではなく、ニキビ菌(アクネ菌)の洗浄効果も高くなっています。
ただ顔を洗うだけではなく、目的別の洗顔料を使うことが最も大切であり、ニキビケアの効果を高めます。

また睡眠不足もニキビができる原因なので要注意です。
どうしても生活リズムが崩れやすい年代ですが、お肌の為にも夜更かしは控えてくださいね。

大人ニキビに思春期ニキビ化粧品はダメ

大人ニキビ
徐々に仕事が忙しくなってきた20代後半の頃の話ですが、とにかく顎や頬にものすごくニキビができてしまったんです。
仕事仕事の日々で男性ホルモンが優位になってしまったんでしょうか?ホルモンバランスもお肌の状態を左右するっていいますもんね。

慌ててニキビ化粧品を買ってきて、使ってみましたら・・・見事にガサガサのボソボソに!!
ティーンズ用の化粧品だったんですが、それが良くなかったみたいです。
大人の肌には大人用のニキビケアが必要なんだなぁと。

大体大人ニキビは、油分が過多になって水分が足りてないことが多い気がします。あくまで私の感覚的な話なので、合っているかは分りませんが(汗)
職場ってオフィスの空調が男性用に合わせてあるからか、肌はけっこう乾燥しているんです。
なので、まず徹底してお肌に水分補給をさせることにしてみました。

オフィスにスプレータイプの化粧水を持ち込んで、「ああ肌が乾燥したなぁー」という時にシュッとするのを習慣にしてみました。

そうしたら、見る見るうちに改善してきました。
肌の水分量・油分量のバランスって大事なんだと思います。

後はやっぱりさっきも言いましたけど、自分の年代に合った化粧品を使うことですね。
大人ニキビを改善するのにティーンズ向けのは使ってはいけません。
年齢によって肌質というものが変わるので、やっぱりそれにあわせた物を使う大切さも学びました。