ニキビケア

ニキビと食事制限

ニキビがなかなか治らない。
皮膚科でもらった薬を使っても、何をしても治らない!
となると、もしかして食べ物が原因?と考える人もいるかもしれません。

ニキビって、本当に食べ物が関係しているんでしょうか?

食事を我慢してる女の人のイラスト

よくニキビの原因として言われている食べ物が、チョコレートやピーナッツです。
他にも甘いものや油っこいものは、ニキビの原因になるとよく言われていますが実は食べ物でニキビの原因になるとはっきりとわかっているものはないんです。
世の中には、そんなイメージだけがなぜか根付いてしまっているようですが明確に証明されているわけではないのです。
なので、食事制限をしてもニキビが良くなるわけではありません。

食べ物ではっきりニキビに良くないとされているものはないですが、コーヒやーお茶、コーラに含まれているカフェインはビタミンの吸収を悪くしてしまう成分なので控えたほうがニキビは早く治ります。
ただ、一切カフェインを摂取してはいけないということではありません。
極端な制限をしてしまうと、かえってストレスになりストレスが原因でニキビができてしまいます。
1日にお茶の1杯や2杯程度なら影響はないので、過剰に気にしないようにしましょう。

お肌には、何を食べてはいけないというよりもバランスよくなんでも食べることが大切です。
日本には季節によって、美味しい食材がたくさんあります。
普段食べないようなものでも、食べてみたら美味しかった!なんてこともありますのでいろんな食材や調理方法にチャレンジしてバランスよく摂取するようにしましょう。

ニキビを早く治したい時にすべきこと

ニキビを少しでも早く治したい!
ニキビができてしまうと、誰もが早く治らないかな?と願うものです。
だけど、少しでも早く治したいはずなのに潰してしまったり触ってしまったり・・。
何気なくしてしまっている行動が、ニキビの治りを遅くしてしまっているって知ってましたか?

鏡を見て肌を気にしてる女性

ニキビを早く治したい時に、触るのはとにかく禁止です。
触ってしまうと指からバイキンが入ってしまったり、炎症が悪化してしまう可能性があるので気になっても触らないことです。

それに女子の場合、出来てしまったニキビが恥ずかしくてお化粧で隠してしまおうという人が多くいます。
気持ちはわからなくないですが、ニキビの部分にお化粧してしまうと負担になり悪化しやすくなります。
しかたなく塗るとしても、極力薄めに塗るようにしましょう。

そしてニキビと治すのには、外からしか治せないと思い込んでいる人が多いですが実は体の中から治すことも大切です。
バランスの良い食事が、綺麗な肌をつくる基本となります。
出来るだけ規則正しい生活をして、ご飯以外にも野菜や果物なども積極的に摂るようにしましょう。

ニキビを早く治す方法ってたったこれだけ?と感じたかもしれませんが、早く治すには基本的なことを徹底してやることが一番です。
知ってはいたけどやっていないことはありませんでしたか?
単純なことのようでも、効果はきちんとでます。
ニキビを早く治したいのなら、実践あるのみです!

ニキビ跡を消すには自分じゃ無理?

ニキビが顔にできてしまって、自分だ潰してしまった経験ありませんか?
ニキビは潰しちゃいけないとはわかっていても、ついつい我慢できなくて潰してしまい跡が残ってしまって後悔する人も少なくありません。
そんな残ってしまったにニキビの跡、消すにはどうすればいいんでしょうか?
自分で何とかするのは無理なんでしょうか?

悩んでイライラしてる女性のイラスト

ニキビに種類があるように、にきびの跡にも種類があります。
もしもニキビの跡が、シミのように残ってしまっているものなら自分で消せるかも知れない可能性があります。
シミのように残ったニキビ跡の場合、色素沈着を起こしてしまっています。
色素沈着を起こしてしまっている場合、ホワイトニング効果のあるスキンケアを使うと改善されます。
しかし一度できてしまうと、改善されるのには時間が必要です。
根気よくあきらめないで続けてみましょう。

そして、ニキビの跡が傷のようになってしまっている、クレーターのようになってしまっている場合には自分で跡を消すということは無理だと言えます。
そういう場合には、皮膚科や美容皮膚科を受診して相談してみましょう。

ニキビが冬に悪化するタイプの人

なんだか毎年冬になるとニキビが悪化する。
そんな経験、したことありませんか?

ニキビを鏡で見る女性の絵

ニキビが冬に悪化する人は、お肌が乾燥している人です。
お肌が乾燥していると何故ニキビが悪化してしまうのかというと、お肌が乾燥することによってお肌のバリア機能も低下してしまうからなんです。

バリア機能が正常に働かなくなってしまったお肌は、ありとあらゆる刺激からお肌を守れない状態になってしまい肌荒れが起こりやすくなります。
お肌を十分に保湿して乾燥した状態を改善すれば、お肌のバリア機能も徐々に回復していきます。
そうしれば自然とニキビの悪化も防ぐことが出来るのです。

また、冷え性の人はニキビが悪化しやすいとも言われています。
冷え性の人は、血液が循環しにくいので老廃物が体の中にたまりやすくなってしまっているそうです。
その老廃物が外に出ようとすることで、肌荒れやニキビを引き起こすと言われているんです。
また、冷えはホルモンバランスも崩してしまいます。
ホルモンバランスの崩れは、肌荒れのもとです。
意外に思うかもしれませんがお肌を乾燥から守り、冷え性を改善することでニキビの悪化を防ぐことができるのです。

冬には毎年ニキビが悪化するから・・・と諦めないで、少しでも悪化しないようにケアしていきましょう。

ニキビに悩んだら皮膚科に行くのが1番?

ほっぺたのニキビに悩む女性のイラスト

ニキビが出来てしまった時、皮膚科に行ってみたことってありますか?
今の時代はネットで自己判断してしまう人が一番多いのかもしれません。
女性だったら化粧品とかの口コミサイトを見て、この化粧水がニキビに良さそうとか調べて使ってみたり。

それでニキビが改善されてくれたらいいですけど、何をつかてもニキビが良くならなかったり次から次へとできてしまったりしたらどうしたらいいんでしょうか?

ニキビで有名といえば、お笑いコンビのブラックマヨネーズ吉田さん。
ネタでもよく、皮膚科の先生に相談するって言ってますよね?
ニキビが出来てしまった時って、皮膚科に行くのが一番手っ取り早い方法なのではないかと思ったんです。
だってそもそも、皮膚の専門家なわけだし。

ただ皮膚科の先生といっても、美容関係に詳しい人、そうじゃない人といます。
それに大事なのは親身になって悩んでいるんだっていうことを聞いてくれる先生ですよね。

それに飲み薬や塗り薬だけ処方してくれる先生と、ニキビの膿を出してくれたり消毒してくれる皮膚科などやり方も様々なようです。
気になる皮膚科があれば、電話で事前に確認してみるといいと思います。

飲み薬や塗り薬などの副作用が気になる・・という方は、消毒などの処置をしてくれる皮膚科がいいですね。
大きくなってしまったニキビを自分で潰してしまったりすると、跡が残ってしまったりしますが皮膚科の先生はやはり処置に慣れているのでそんな心配もなくキレイにニキビがなくなるそうです。

もしも昔のニキビの跡が残ってしまって気になっている人は、皮膚科によってレーザーで処置してくれる所もあるそうなので相談してみるのがオススメです。
ただレーザーを使っている皮膚科になると、少し大きい規模の皮膚科が多いので事前予約や確認をお忘れなく!

ニキビに関するお勧め情報

 ニキビの段階ニキビには症状の段階によって呼び方がいくつもあるってご存知でしたか?
白ニキビや赤ニキビ、黒ニキビなどの名称があるんです。
様々な色が名前についているのが面白いところです。

その中でも注目すべきは「白ニキビ」です。
これはにきびが出来始めの段階の総称ですが、この初期段階で適切なケアをすれば赤く腫れたり痛んだりすることなく、早くニキビを治すことが出来るんです。

日ごろの予防も大切なのは言うまでもありませんが、できてからの正しい処置によって治りは全然変わってくるんですね。
特にうっとおしいからといってニキビを何でもかんでも潰してしまう人もいますが、絶対に止めてください。
凸凹のクレーター状の跡が残ってしまいます。そうなってしまうと跡を消すのは大変ですから。
安易な自己流のケアはニキビを悪化させるだけでは済まないこともあるので、正しいケア方法を知ることが美肌への近道です。

 
ニキビに関する情報
白ニキビ
出来始めの白ニキビのケア方法に関する情報が掲載されています。
また、年代別にお勧めのニキビグッズや正しい洗顔方法は見ておきましょう。
このブログでもお伝えしましたが、正しい洗顔ができている人は少ないですからね。

泡洗顔の大切さ

洗顔ニキビが酷い時や痛みがある場合には、洗顔に気をつけましょう。
特に刺激に敏感になってしまっている状態のときは、たっぷりの泡で顔を包むように洗わないと、洗顔時の摩擦刺激を与えてニキビを悪化させてしまいます。
洗顔法を徹底するだけで肌質は驚くほど変わります。
手で泡を立てるのが苦手な方は、泡立てネットを使うとよいです。ドラッグストアや100均で手に入ります。
どんなタイプの洗顔料でもネットを使えば手早くもこもこの泡が作れます。
しっかりした泡を立てると、手で顔を触ることがありません。
泡がクッションになり、綺麗さっぱり洗い上がります。
また、泡はとっても細かい粒子になっているので、毛穴の奥まで入り込んで汚れを落としてくれる効果もあるので、きちんと泡立てた洗顔をするのは意味があるんです。
しかし洗顔料自体の成分によって、泡の粒子の細かさは決まってしまいます。
例:1ミリの泡しかできない洗顔料で0.5ミリの泡を作るのは不可能です。
毛穴の奥からしっかりと汚れを落とすことで、ニキビケアだけではなく毛穴の黒ずみ予防にもなるので、洗顔料選びはとっても大切なんですね。

ニキビケア用品の選び方

ニキビケア用品の選び方

一度ニキビができてしまうと痛く赤く腫れあがり、化粧のりも悪くなり見た目も良くありません。また、ニキビを悪化させてしまうと、シミやシワの原因となる上、ニキビ跡を残してしまうという危険性があります。

ニキビを防ぐケアももちろん大切ですが、できてしまったニキビに対してのケア方法も同じぐらいに大切です。ニキビトラブルに合わない為にも、日頃からのニキビ予防を心掛ける事は面倒ですが重要なんです。

予防として、顔をいつも清潔に保つ事はもちろんですが、スキンケア用品(ニキビケア用品)を使用したケアがやはり効果的です。

一般的な洗顔や化粧水よりもニキビに対してのアプローチを徹底的に考えられた商品を選ぶことで、ニキビケアが楽になります。

ただし「ニキビ」という文字が入っている商品なら何でもOKというわけではありません。

残念ながらニキビに効果的な商品というのは、あまり安い値段で作ることは難しいのが現実です。
つまり、乱暴な言い方をすればドラッグストアなどに置いてある安い商品でニキビケアをするのは難しいということです。(※勿論、すべてのケースに当てはまるわけではありませんが、そうした目安があるのも事実です)

安い洗顔料や化粧水で効果が出る人もいますが、遠回りをしないでニキビを何とかしたい!と思っているのであれば、ある程度のお金を出して、良いケアグッズを使用してみて下さい。

ニキビケアの基本を押さえる

にきびケア

ニキビには思春期ニキビと大人ニキビがあります。
どちらのニキビタイプなのか?によって、効果的な対処法が異なるので、まずは自分のニキビを分類しましょう。

一般的にニキビに悩まされる年代は中学生ぐらいから始まります。そうした10代のニキビは思春期ニキビにあたります。
では、思春期ニキビ用の対策というのはどういうものでしょうか?

思春期の頃は皮脂の分泌が活発なので、その皮脂が毛穴に詰まることでニキビの原因になります。
従って、洗顔で顔を丁寧に洗うことが大切です。
ただし洗顔はやりすぎると逆効果になるので、一日に二回までがよいとされています。

また、その際にニキビ用の洗顔料を使うのが最も効果的です。そうした洗顔料には皮脂を洗い流すだけではなく、ニキビ菌(アクネ菌)の洗浄効果も高くなっています。
ただ顔を洗うだけではなく、目的別の洗顔料を使うことが最も大切であり、ニキビケアの効果を高めます。

また睡眠不足もニキビができる原因なので要注意です。
どうしても生活リズムが崩れやすい年代ですが、お肌の為にも夜更かしは控えてくださいね。