みんなのニキビ事情

ニキビは治ってきてても気が付きにくい

鏡を見てニキビを気にする女性

何をしても全然ニキビが良くならない・・・どうしたらいいの?
ニキビいいっていうあれも試したしこれも試したのに!って思っていませんか?

もしかしたら、自分でニキビが全然治ってきていないだけって思い込んでしまっているだけかもしれません。
特に、顔にたくさんのニキビが出来てしまっている人がそういった思い込みをもている人が多いそうなんです。

ニキビには赤く大きく腫れてしまうようなニキビや、白く小さい潰してしまえそうなニキビなど種類がありますよね。
どんな種類のニキビでも、本当は先週よりも良くなってきているのに全然良くなってきていないと感じてしまうことがあります。

顔にひとつだけのニキビであれば、そのニキビがなくなれば治った!と思いますよね。
ただニキビに本当に悩んでいる人というのは、ニキビの数はひとつではなくて複数です。

ニキビをひとつひとつ見てみると、大きく赤かったニキビが小さく赤みも少なくなってきているのにニキビの数が減っていないことから治っていないと感じてしまうそうなんです。

ニキビの治ってきている治ってきていないは、必ずしも数が減ったということではありません。
ニキビの数だけを単純に気にするあまりに、本当は効果のあることをしているのにも関わらず途中でやめてしまって結局また違う方法を試してしまい何をしても何を使っても治らないんだと思ってしまうんです。

今やっていることが効果が出ているのかいないのか、きちんと知るためにニキビの写真を撮ってください。
その写真を撮った1週間後くらいに、今のニキビの状態を見比べてみれば簡単ですよね。

ニキビは何か新しいことをすれば、治るというものではありません。
今の自分の状態を知ることが、ニキビを治す一番の近道だと思いますよ。

アラサー恐怖のあごニキビ

鏡を見つめる女性の後ろ姿

みんながニキビで悩み始める青春時代にひとつもニキビができたことがなかった私。

私って、ニキビができない体質なんだわ~!とこのままニキビで悩むことなんてないと思て生活をしてきて30歳を過ぎたころでした・・・。

ある日、あごに大きなニキビができていることに気が付いたんです。

これが大人ニキビってやつかな?と思い、すぐに治るだろうとそのまま特に何もせず。

そのあごニキビが、もう少しで治りそうだなーと思い始めたころ新たなあごニキビを発見!

次から次へとあごにニキビができてゆく・・・。

30代を過ぎたらホルモンバランスが崩れていろんな肌トラブルが起きるというけど、こんなに急に??

治りかけて、また新しいニキビができて・・・っていうのを4回くらいは繰り返しました。

その時、仕事のストレスで過食気味だったこともあったので食事も少しバランスのいいものに変えたり工夫してみたところ、改善されました。

それでもまだたまーにですが、あごにニキビができることはありますねー

30代を過ぎると、つくづくホルモンバランスや日々の食事内容がいかに大切か身に沁みます。

顔中ニキビだらけにならないように、気をつけなくちゃー(´Д`)

保湿を気にするようになってニキビが減りました

化粧水私のニキビケア方法はズバリ「保湿に気を使う事」です。
今まではダメだと思いつつ面倒であまり気にしていなかった、風呂あがりの保湿をするようになってから、ひどいニキビに悩まされることはなくなりました。
保湿の方法は具体的には、化粧水と乳液を使用することです。
誰にでもできる簡単なことですよね。
それをサボってた私は一体・・・って感じもしますが(笑)

その二つをお風呂あがりに、それぞれ使用します。
まずは、ピーリングジェルや洗顔料などで古くなった肌の角質を落とします。
その上で保湿することで、ひどいニキビの原因になるアクネ菌や古い角質を除去し、清潔な肌にするんです。
清潔な肌ならニキビは出来ません!という私の持論ですが。
でもやっぱり肌が不潔だと毛穴も詰まるので、それがニキビの原因にもなると思うんです。
洗顔のし過ぎはよくありませんけど、保湿の効果を高める為にも洗顔の質を考えることも大事かなって思います。

外食を控えて自炊をする

食事ニキビも若い人ならば、一時のことですが、20歳以上の大人ニキビは若い頃とは少々違います。
私は1か月以上治らない吹き出物(ニキビと言えない年になったのが辛い…)があったので、皮膚科で診て頂いたのですが、先生から「大人ニキビですね」と言われました。

長引く大人ニキビはストレスや栄養の偏りなどが原因となることがあるそうです。
つまり若い頃(中学生や高校生のニキビ)とは原因が違うケースがあるという事です。
ストレスに付いては、現代では誰もが感じていることかもしれません。
なるべくストレスを感じないような精神状態に、自分で持っていくしかありません。
正直、口で言うほど簡単なことではないと思いますが…。

そして、栄養については、出来るだけ外食を避け、手作りの食事にしました。
自分で作れば栄養バランスも考えながらメニューを決められるので、手間は掛かりますが肌には最高です。
これで、1か月続いた大人ニキビは治りました。
仕事が忙しい時は難しいのですが、食生活はやはり、大事だと思いました。
大人になると自分で好きなものを食べられるのはいいことですが、それがお肌に対しては悪い方向に働くこともあるので気をつけないといけませんね。

大人ニキビに思春期ニキビ化粧品はダメ

大人ニキビ
徐々に仕事が忙しくなってきた20代後半の頃の話ですが、とにかく顎や頬にものすごくニキビができてしまったんです。
仕事仕事の日々で男性ホルモンが優位になってしまったんでしょうか?ホルモンバランスもお肌の状態を左右するっていいますもんね。

慌ててニキビ化粧品を買ってきて、使ってみましたら・・・見事にガサガサのボソボソに!!
ティーンズ用の化粧品だったんですが、それが良くなかったみたいです。
大人の肌には大人用のニキビケアが必要なんだなぁと。

大体大人ニキビは、油分が過多になって水分が足りてないことが多い気がします。あくまで私の感覚的な話なので、合っているかは分りませんが(汗)
職場ってオフィスの空調が男性用に合わせてあるからか、肌はけっこう乾燥しているんです。
なので、まず徹底してお肌に水分補給をさせることにしてみました。

オフィスにスプレータイプの化粧水を持ち込んで、「ああ肌が乾燥したなぁー」という時にシュッとするのを習慣にしてみました。

そうしたら、見る見るうちに改善してきました。
肌の水分量・油分量のバランスって大事なんだと思います。

後はやっぱりさっきも言いましたけど、自分の年代に合った化粧品を使うことですね。
大人ニキビを改善するのにティーンズ向けのは使ってはいけません。
年齢によって肌質というものが変わるので、やっぱりそれにあわせた物を使う大切さも学びました。