泡洗顔の大切さ

洗顔ニキビが酷い時や痛みがある場合には、洗顔に気をつけましょう。
特に刺激に敏感になってしまっている状態のときは、たっぷりの泡で顔を包むように洗わないと、洗顔時の摩擦刺激を与えてニキビを悪化させてしまいます。
洗顔法を徹底するだけで肌質は驚くほど変わります。
手で泡を立てるのが苦手な方は、泡立てネットを使うとよいです。ドラッグストアや100均で手に入ります。
どんなタイプの洗顔料でもネットを使えば手早くもこもこの泡が作れます。
しっかりした泡を立てると、手で顔を触ることがありません。
泡がクッションになり、綺麗さっぱり洗い上がります。
また、泡はとっても細かい粒子になっているので、毛穴の奥まで入り込んで汚れを落としてくれる効果もあるので、きちんと泡立てた洗顔をするのは意味があるんです。
しかし洗顔料自体の成分によって、泡の粒子の細かさは決まってしまいます。
例:1ミリの泡しかできない洗顔料で0.5ミリの泡を作るのは不可能です。
毛穴の奥からしっかりと汚れを落とすことで、ニキビケアだけではなく毛穴の黒ずみ予防にもなるので、洗顔料選びはとっても大切なんですね。