ニキビは治ってきてても気が付きにくい

鏡を見てニキビを気にする女性

何をしても全然ニキビが良くならない・・・どうしたらいいの?
ニキビいいっていうあれも試したしこれも試したのに!って思っていませんか?

もしかしたら、自分でニキビが全然治ってきていないだけって思い込んでしまっているだけかもしれません。
特に、顔にたくさんのニキビが出来てしまっている人がそういった思い込みをもている人が多いそうなんです。

ニキビには赤く大きく腫れてしまうようなニキビや、白く小さい潰してしまえそうなニキビなど種類がありますよね。
どんな種類のニキビでも、本当は先週よりも良くなってきているのに全然良くなってきていないと感じてしまうことがあります。

顔にひとつだけのニキビであれば、そのニキビがなくなれば治った!と思いますよね。
ただニキビに本当に悩んでいる人というのは、ニキビの数はひとつではなくて複数です。

ニキビをひとつひとつ見てみると、大きく赤かったニキビが小さく赤みも少なくなってきているのにニキビの数が減っていないことから治っていないと感じてしまうそうなんです。

ニキビの治ってきている治ってきていないは、必ずしも数が減ったということではありません。
ニキビの数だけを単純に気にするあまりに、本当は効果のあることをしているのにも関わらず途中でやめてしまって結局また違う方法を試してしまい何をしても何を使っても治らないんだと思ってしまうんです。

今やっていることが効果が出ているのかいないのか、きちんと知るためにニキビの写真を撮ってください。
その写真を撮った1週間後くらいに、今のニキビの状態を見比べてみれば簡単ですよね。

ニキビは何か新しいことをすれば、治るというものではありません。
今の自分の状態を知ることが、ニキビを治す一番の近道だと思いますよ。