洗顔は毛穴を開かせてから!

 洗顔ニキビケアだけではなく、すべての肌ケアの基本である洗顔ですが、きちんと汚れを落とせている人は意外と少ないものです。

基本は「しっかり泡立てて」から「毛穴の奥の汚れを掻き出す」ことです。
それに必要なのは洗顔料選びと洗顔の効率を上げる一手間です。

まず洗顔料選びについてですが、特にニキビケアや予防をしたい人は、必ず自分の年齢にあったニキビ用のものを選ぶことが必須です。
肌は年齢によって肌質というものが刻々と変化していきます。
自分の肌質に合ったものを選ばないと、肌トラブルを引き起こす危険性もあるので要注意です。
大人ニキビを改善したいのに、皮脂が多い思春期ニキビ向けのものを選んではいけないということです。

また洗顔料によっては「界面活性剤」が含まれているものも珍しくありません。
実はニキビの原因は、その界面活性剤だったという人も意外と多いので、こうした洗顔料の成分にも気を付けたい所です。

そして洗顔効率を上げる一手間については、毛穴を開かせるということです。
お風呂でしっかりと暖まって顔の毛穴を十分に開かせてから洗顔をすることで、毛穴の汚れも綺麗に落とすことができます。
化粧品の汚れだけではなく、空気中の埃やチリなども毛穴に詰まるので、しっかりと毛穴を綺麗に洗うことは大切です。
それによって女子の悩みでもある毛穴汚れや黒ずみを防ぐこともできますしね。

ただし毛穴を開かせた後は、しっかりと毛穴を閉じないといけません。
開きっぱなしのたるみ毛穴になってしまいますからね。
しっかりと化粧水をパッティングして染み込ませてください。

まとめると、ニキビケアの基本の洗顔は・・・
洗顔料を正しく選んで、毛穴の奥から汚れを洗い出す。
これに尽きます。今一度、正しい洗顔に目を向けて美肌作りの参考にして下さいね。