ニキビケア用品の選び方

ニキビケア用品の選び方

一度ニキビができてしまうと痛く赤く腫れあがり、化粧のりも悪くなり見た目も良くありません。また、ニキビを悪化させてしまうと、シミやシワの原因となる上、ニキビ跡を残してしまうという危険性があります。

ニキビを防ぐケアももちろん大切ですが、できてしまったニキビに対してのケア方法も同じぐらいに大切です。ニキビトラブルに合わない為にも、日頃からのニキビ予防を心掛ける事は面倒ですが重要なんです。

予防として、顔をいつも清潔に保つ事はもちろんですが、スキンケア用品(ニキビケア用品)を使用したケアがやはり効果的です。

一般的な洗顔や化粧水よりもニキビに対してのアプローチを徹底的に考えられた商品を選ぶことで、ニキビケアが楽になります。

ただし「ニキビ」という文字が入っている商品なら何でもOKというわけではありません。

残念ながらニキビに効果的な商品というのは、あまり安い値段で作ることは難しいのが現実です。
つまり、乱暴な言い方をすればドラッグストアなどに置いてある安い商品でニキビケアをするのは難しいということです。(※勿論、すべてのケースに当てはまるわけではありませんが、そうした目安があるのも事実です)

安い洗顔料や化粧水で効果が出る人もいますが、遠回りをしないでニキビを何とかしたい!と思っているのであれば、ある程度のお金を出して、良いケアグッズを使用してみて下さい。

栄養面を考え直してニキビを防ぐ

ニキビ防止の為の栄養ニキビは洗顔や化粧水を塗るなどの外側からの予防だけではなく、毎日の食事という内側からのの予防方法も大切です。
ファーストフードやお菓子などは体にもお肌にもよくありません。好んで食べている人は注意してくださいね。
お肌の為には野菜を食べることが最も大切です。野菜には、肌を再生するために必要な物が沢山入っています。
ビタミン類は肌の粘膜質を保護して潤いを保ってくれます。
また、食物繊維によって体内の老廃物を除去することで、ニキビになった老廃物が肌に出てくることを防ぐ事も可能です。
なにより、胃腸のダメージがなくなって、ストレスも低減するので、ストレスニキビができにくくなるのもポイントです。
ただ、毎日栄養素を気にしながら食事をするのも大変なのは事実です。そうした場合に有効なのが「サプリメント」を摂る事です。ただしあくまでサプリは栄養補助食品なので、本来はきちんとバランスの良い食生活を送ることが望ましいです。
しかしそこは忙しい現代人。こうしたサプリの助けを借りることは、何もしないよりかずっとお肌には良いことですので、毎日のニキビ予防として効果的に活用するのもありです。
ただし基本は健康な食生活こそニキビケアの第一歩です。ぜひ食生活を見なおして下さい。

ニキビケアの基本を押さえる

にきびケア

ニキビには思春期ニキビと大人ニキビがあります。
どちらのニキビタイプなのか?によって、効果的な対処法が異なるので、まずは自分のニキビを分類しましょう。

一般的にニキビに悩まされる年代は中学生ぐらいから始まります。そうした10代のニキビは思春期ニキビにあたります。
では、思春期ニキビ用の対策というのはどういうものでしょうか?

思春期の頃は皮脂の分泌が活発なので、その皮脂が毛穴に詰まることでニキビの原因になります。
従って、洗顔で顔を丁寧に洗うことが大切です。
ただし洗顔はやりすぎると逆効果になるので、一日に二回までがよいとされています。

また、その際にニキビ用の洗顔料を使うのが最も効果的です。そうした洗顔料には皮脂を洗い流すだけではなく、ニキビ菌(アクネ菌)の洗浄効果も高くなっています。
ただ顔を洗うだけではなく、目的別の洗顔料を使うことが最も大切であり、ニキビケアの効果を高めます。

また睡眠不足もニキビができる原因なので要注意です。
どうしても生活リズムが崩れやすい年代ですが、お肌の為にも夜更かしは控えてくださいね。

大人ニキビに思春期ニキビ化粧品はダメ

大人ニキビ
徐々に仕事が忙しくなってきた20代後半の頃の話ですが、とにかく顎や頬にものすごくニキビができてしまったんです。
仕事仕事の日々で男性ホルモンが優位になってしまったんでしょうか?ホルモンバランスもお肌の状態を左右するっていいますもんね。

慌ててニキビ化粧品を買ってきて、使ってみましたら・・・見事にガサガサのボソボソに!!
ティーンズ用の化粧品だったんですが、それが良くなかったみたいです。
大人の肌には大人用のニキビケアが必要なんだなぁと。

大体大人ニキビは、油分が過多になって水分が足りてないことが多い気がします。あくまで私の感覚的な話なので、合っているかは分りませんが(汗)
職場ってオフィスの空調が男性用に合わせてあるからか、肌はけっこう乾燥しているんです。
なので、まず徹底してお肌に水分補給をさせることにしてみました。

オフィスにスプレータイプの化粧水を持ち込んで、「ああ肌が乾燥したなぁー」という時にシュッとするのを習慣にしてみました。

そうしたら、見る見るうちに改善してきました。
肌の水分量・油分量のバランスって大事なんだと思います。

後はやっぱりさっきも言いましたけど、自分の年代に合った化粧品を使うことですね。
大人ニキビを改善するのにティーンズ向けのは使ってはいけません。
年齢によって肌質というものが変わるので、やっぱりそれにあわせた物を使う大切さも学びました。